知的なスポーツのボルダリング!

知的なスポーツのボルダリング!

ボルダリング

 

ボルダリングは、高さが4~5mある壁に取り付けられたホールドと呼ばれる、石のような突起物を使って壁を登るスポーツです。
2020年に開催される東京オリンピックの正式種目になり、手軽にバランス感覚を養えるスポーツとして幅広い年代に人気です!

 

ボルダリングは頭を使う知的なスポーツで、登るルートを考えながら最適なホールドを選んでいくことにより、集中力や思考力に判断力や想像力と計画力や問題解決能力が身に付きます。
また、肩甲骨を動かすためダイエット効果があり身体を引き締めて、褐色脂肪細胞(全身の余分な脂肪を燃焼させる)を刺激して身体の脂肪を落とすことができます。

 

 

ボルダリングスクールのエリア&ルール

 

ボルダリングレッスン

 

ボルダリングは、レベルごとに級(グレード)が存在し1~10級まであります。

  • 10~8級はボルダリング初心者向け
  • 7~8級は少し上手い人ならすぐ出来る
  • 5級からは脱ボルダリングビギナー
  • 4~3級はボルダリング中級者
  • 2~1級はコンペ(大会)に出れるレベル

 

また、ボルダリングはルールが非常にシンプルで子供から大人まで簡単に始めることが出来ます。
他にも、エリアが別れているので子供でも安全に楽しむことが出来ます。

 

ボルダリングスクールのエリア

 

キッズエリア
小学校1年生~6年生限定のクライミングエリアです。
子供専用クライミングウォールもあります。

 

ボルダーエリア
ボルダリングとはそれほど高くない壁を登る、手軽でシンプルなクライミングです。
床には分厚いマットを敷き詰めているので安全に楽しむことができます。

 

ロープエリア
落ちると危険な高さの壁をロープで安全を確保しながら登るのがリードクライミング!
ロープワークの技術が必要になりますが、通常では登る事の出来ない高さまで登る達成感は抜群です。

 

ボルダリングのルール

 

【ボルダリングのルール】

  1. 「S」と書かれたホールドがスタート
  2. スタートのホールドは必ず両手で掴むこと
  3. 決められたホールドを手で掴みながらゴールを目指す
  4. 「G」と書かれたホールドがゴール
  5. ゴールのホールドも必ず両手で掴むこと

※足を置くホールドはどれでも良い「自由」と、足は決められたホールドしか使えない「限定」があります。

 

月謝費用
5,000~10,000円程度

 

ボルダリングの習い事から繋がる職業とは?

 

ボルダリングの職業と言えば、「選手」となり様々な大会で結果を残して「プロ」になるイメージがありますが、他にも様々な職業に携わることが出来ます。

 

ここでは、ボルダリングの習い事から繋がる職業を見ていきましょう!

 

ボルダリング選手

 

ボルダリング選手

 

2020年のオリンピックに正式採用された競技の正式名称は、スポーツクライミングと言います。
これは、クライミングの中でも競技性に特化したものを総称して呼び、その中に3つの種目(ボルダリング・スピード・リード)があります。

 

ボルダリング選手になるには、様々な大会で結果を残してJMA(日本山岳協会)に選手登録後、JMA主催の国内大会での上位入賞を目指していきます。

  1. 地元の大会に出場
  2. JMA(日本山岳協会)に選手登録する
  3. JMA(日本山岳協会)主催の国内大会に出場
  4. JMA(日本山岳協会)から国際大会へのお誘い
  5. オリンピック選手に内定

 

ボルダリング選手の年収&収入

メダル獲得 スポーツクライミングは、2020年の東京五輪の正式種目として採用され、メダルを獲得するとJOC(日本オリンピック委員会)での報奨金が支給されます。

<メダル獲得>
・金メダル500万円
・銀メダル200万円
・銅メダル100万円

優勝賞金 ボルダリングのワールドカップは年間に数試合行われ公式大会は約30あり、中でも高額な賞金が設定されているのが中国オープンです。

<ワールドカップ賞金>
優勝3,450ユーロ(約46万円)
2位2,150ユーロ(約29万円)
3位1,250ユーロ(約17万円)
4位680ユーロ(約9万円)
5位440ユーロ(約6万円)
6位320ユーロ(約4万円)
<中国オープン賞金>
優勝10,000ユーロ(約132万円)
2位7,000ユーロ(約93万円)
3位5,000ユーロ(約67万円)
4位4,000ユーロ(約53万円)
5位3,000ユーロ(約40万円)
6位2,000ユーロ(約27万円)

スポンサー契約 テレビのCM出演料は2,000万円が相場だと言われていますが、トップのボルダリング選手は企業とスポンサー契約している方が多く、競技大会の賞金だけでは稼ぐのは厳しいのが現状です。
引退後 国内/海外で活躍した有名な選手であれば、「スポーツコメンテーター」や「解説者」として1回のテレビ出演で5~10万以上の収入も可能です。

 

クライミング・インストラクター

 

クライミングインストラクター

 

クライミング・インストラクターは、ジムなどでお客様にクライミング技術を教えたり、クライミングの補助をしたり安全管理をすることが主な仕事となります。
他にも、ジムスタッフとして受付業務や各種案内にジム内のショップ販売なども行う場合があります。

 

資格には、日本山岳ガイド協会が2011年に制定した3つの資格制度があります。

  • インドア・クライミング・インストラクター(クライミングジム)
  • スポーツ・クライミング・インストラクター(クライミングエリアと称された岩場や及びクライミングジム)
  • フリー・クライミング・インストラクター(クライミングエリアと称された岩場や及びクライミングジム)

 

クライミング・インストラクターの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で900~1,500円と施設の規模やインストラクターとしての能力により幅がありますが、年収約190~320万が相場です。
社員年収 正社員1年目で月給15万~20万円程度が一般的な相場で、経験や実績によって昇給していくことになります。

年収は約240~300万円くらいが相場です。

フリーランス年収 クライミングの教え方が上手くスクールの生徒が多いことや、アマチュア相手でも個人契約できるなどの場合は高収入も可能!

フリーランスとして1レッスンの契約制で行う場合、レッスン数を多くこなすことで年収は大幅にアップし推定で年収300万~1,000万円となります。

 

ボルダリング用品メーカー

 

サラリーマン

 

ボルダリングを支える様々なボルダリング用品の「企画」「デザイン」「開発」「販売」「事務」を行う仕事です。
主に、ボルダリング用品メーカーの営業として売り場担当者やバイヤーへの商材提案に 販促企画の提案や運営を行います。

 

市場規模として見ると卓球用品は十分大きな市場です!
2020年に開催される東京オリンピックの正式種目となり、様々なブランドが新規参入しているので魅力的な市場と言えるでしょう。

 

ボルダリング用品メーカーの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で1,000円~と一般的なアルバイトの時給と変わらず、年収約200円~が相場です。
社員年収 月収は30万円~で平均的な就労年代である30代の平均年収は350万円程度で、最大年収となる50代の平均年収では500万円前後と一般的な同年代の年収の平均的な年収です。

 

ボルダリングショップ

 

ボルダリングショップ

 

ボルダリングのスポーツ用品(ウェア・シューズ・チョーク・チョークバッグ)を豊富な知識でアドバイスしながら、接客販売するのがボルダリングショップの主な仕事です。
幅広い商品の知識が欠かせないため、メーカーのカタログやスポーツ雑誌などに常に目を通して勉強しておく必要があります。

 

届いた商品の棚卸しや陳列に在庫の整理/管理など、電話やメールでの問合せ対応や事務業務もあります。
他にも、HPやSNS(facebook、Instagram)の更新やDM作成なども重要な仕事の1つです。

 

ボルダリングショップの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で1,000円~と一般的なアルバイトの時給と変わらず、年収約200円~が相場です。
社員年収 初任給は月収にして16万~20万円、平均的な就労年代である30代の平均年収は350万円程度で、最大年収となる50代の平均年収では400万円前後と一般的な同年代の年収より低い傾向です。

 

最後に

 

このように、ボルダリングの習い事をキッカケとして様々な職業に携わることが出来ます。
ボルダリングは腕の力で登るイメージですが、実際は常に登るルートを考えながら頭を使うスポーツなんです。

 

ボルダリングで身に着けた集中力や思考力に判断力は、社会でも様々な場面で役に立つことでしょう♪


このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ戻る