生涯楽しめるスポーツのゴルフ!

生涯楽しめるスポーツのゴルフ!

ゴルフ

 

生涯楽しめるスポーツとして人気のゴルフは、男性社会人の接待などのイメージがあるかもしれませんが、最近は女性にも人気のスポーツで盛り上がりを見せています。
理由としては、駅近に室内のゴルフレッスンスタジオが多くでき、ゴルフ場に行かなくても仕事や買い物のついでに習うことことが出来る点です。

 

また、有名なプロゴルファーは小学校に入学する前に始めていることが多く、遅くても10歳くらいにはゴルフを始めていたと言われます。
最近では、集中力を鍛えて高い目標をクリアしていく力を付けるゴルフを子供に習わせたい親御さんも増えています。

 

 

ゴルフスクールのレッスン&レッスン内容

 

ゴルフスクール

 

ゴルフスクールのレッスンでは、カリキュラムを基に小集団の中で個々に合わせてレッスンを行っていきます。

 

内容としては、ゴルフスイングの形成や上達したいスキルの習得や苦手なショットの克服の他にも、「ショットを安定させたい」「もっと飛ばしたい」「スライスが直らない」など、初心者~上級者まで的確なアドバイスと最適なレッスンを受けることが出来ます。

 

ゴルフスクールのレッスン

 

スタジオゴルフレッスン
インドアでのゴルフレッスンは、屋内なので雨風に強く天候に左右されず、駅近くにあるので仕事帰りや休日に通うことが出来ます。
クラブレンタルやロッカールームも完備しているので手ぶらでもOK!
基本的には、プロが科学的にデータ分析してスイングやインパクトの良し悪しなどをチェックして貰えます。

 

練習場ゴルフレッスン
打ちっ放しなど、練習場でのゴルフレッスンはドローやフェードなどの弾道や打球の行方なども視認出来るので、イメージと体の動きを合わせやすく教わった成果も分かりやすいメリットがあります。
インドアよりターゲット方向が大きく開けているので力が入ってしまったり、弾道が分かったりより実践的なゴルフレッスンを受けることができます。

 

コースラウンドレッスン
実際にコースをプロと周りながら、シーンに応じた実践的なテクニックを学んでいきます。
単に打ち方の練習をするのではなく状況に応じたショットのレッスンを行い、コースマネジメント(コースのコンデイションを考えてプレイの戦略を立てること)のポイントを教えて貰えるのも特徴の1つです。
合わせて初心者の方には、ルールやマナーなどのレクチャーも受けることが出来ます。

 

ゴルフスクールのレッスン内容

 

【レッスン内容】

  1. 教材映像やレッスンテキストを観てポイントを確認
  2. ケガ防止のためストレッチなどのウォーミングアップ
  3. コーチとテーマ別にショットの練習
  4. コーチと課題や相談などショットのフリーレッスン
  5. リフレッシュ&ストレッチでクールダウン
  6. レッスン終了

 

月謝費用
8,000~30,000円程度

 

ゴルフの習い事から繋がる職業とは?

 

ゴルフの職業と言えば、「選手」となり様々な大会で結果を残して「プロ」になるイメージがありますが、他にも様々な職業に携わることが出来ます。

 

ここでは、ゴルフの習い事から繋がる職業を見ていきましょう!

 

プロゴルファー

 

プロゴルファー

 

プロゴルファーとは、プロ資格を持っているゴルファーのことで現在日本国内には約5000人程度いますが、プロゴルファーにも石川遼選手のように全国各地のゴルフ場で開催されるプロゴルフツアーに参戦して、賞金を獲得するプロゴルファーレッスンプロと呼ばれる2つのプロゴルファーが存在します。

 

ツアープロとしての賞金だけで生計を立てることが出来るのは、賞金ランキングの上位60位から70位以上の選手だけですが、優れた選手であればコンスタントに賞金を獲得できる上に、企業からのスポンサー料も得ることができるようになります。
逆に成績が悪ければ賞金を獲得できないだけでなく、ツアーへの参加費や交通費やホテル代などの滞在費などの経費も実費です。

 

プロゴルファーの年収&収入

ツアー獲得賞金 ツアープロでも年収が3,000万円を超えているのは上位の30人程度で、それ以下のツアープロの年収は2,000万円を下回りますが、国内のTOP10に入れば最低でも年収は4,000万円以上、1位ともなると2億を超えます。

海外ツアーであれば1位ともなると12億円、15位でも4億円と賞金金額は国内と比べて5倍以上です。

スポンサー契約 2008年、石川遼選手がプロ転向した際に総額30億円でスポンサー契約を結んでいます。

また、2015年にアメリカツアーに参加した松山英樹選手は、レクサスと3年で6億円のスポンサー契約を結んでいます。

引退後 国内/海外でツアー優勝した有名な選手であれば、「スポーツコメンテーター」や「解説者」として1回のテレビ出演で5~10万以上の収入も可能です。

 

レッスンプロ

 

レッスンプロ

 

レッスンプロは、主にゴルフ場や練習場に所属してアマチュア及びプロにゴルフを教えることで収入を得ているプロゴルファーのことを言います。
主な仕事は、レッスンを通してゴルフ技術を向上させ、クライアントの目標達成のサポートをすることです。

 

レッスンプロになるためには、日本プロゴルフ協会が毎年実施している「TPC資格認定試験」に合格する必要があります。
日本プロゴルプ協会の資格取得者の内、3/5程度の人は主にレッスンプロとして活躍し、最近では女性のレッスンプロも増えています。

 

レッスンプロの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で900~2000円と施設の規模やインストラクターとしての能力により幅がありますが、年収約190~420万が相場です。
社員年収 正社員としてのレッスンプロの年収も個人差がありますが、サラリーマンの年収とさほど変わらないと言われており、年収約340~670万円くらいが相場です。
フリーランス年収 ゴルフにおいて独自の理論が確率されていたり、教え方が上手くスクールの生徒が多いことやアマチュア相手でも個人契約できるなどの場合は高収入も可能です。

フリーランスとして1レッスンの契約制で行う場合、レッスン数を多くこなすことで年収は大幅にアップし、推定で年収300万~1,000万円となります。

 

ゴルフ用品メーカー

 

サラリーマン

 

ゴルフを支える様々なゴルフ用品の「企画」「デザイン」「開発」「販売」「事務」を行う仕事です。
主に、ゴルフ用品メーカーの営業として売り場担当者やバイヤーへの商材提案に 販促企画の提案や運営を行います。

 

傾向としては縮小傾向ですが、市場規模として見るとゴルフ用品はまだまだ大きな市場です!
特にゴルフのアパレル部門では、ニューバランスやトミーフィルフィガーなども新規参入しているので魅力的な市場と言えます。

 

ゴルフ用品メーカーの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で1,000円~と一般的なアルバイトの時給と変わらず、年収約200円~が相場です。
社員年収 月収は30万円~で平均的な就労年代である30代の平均年収は350万円程度で、最大年収となる50代の平均年収では500万円前後と一般的な同年代の年収の平均的な年収です。

 

ゴルフショップ

 

ゴルフショップ

 

ゴルフのスポーツ用品(ウェア・シューズ・クラブ)を豊富な知識でアドバイスしながら、接客販売するのがゴルフショップの主な仕事です。
幅広い商品の知識が欠かせないため、メーカーのカタログやスポーツ雑誌などに常に目を通して勉強しておく必要があります。

 

届いた商品の棚卸しや陳列に在庫の整理/管理など、電話やメールでの問合せ対応や事務業務もあります。
他にも、HPやSNS(facebook、Instagram)の更新やDM作成なども重要な仕事の1つです。

 

ゴルフショップの年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で1,000円~と一般的なアルバイトの時給と変わらず、年収約200円~が相場です。
社員年収 初任給は月収にして16万~20万円、平均的な就労年代である30代の平均年収は350万円程度で、最大年収となる50代の平均年収では400万円前後と一般的な同年代の年収より低い傾向です。

 

コース管理作業員

 

ゴルフコース

 

ゴルフ場ならではの特殊な業種の1つで、ゴルフ場の命であるゴルフコースのコンディションを整えて管理する仕事です。
グリーンキーパーというゴルフ場に必ず1人いるコース管理部署の下、ティーグランド・コース・フェアウェイ・グリーンの芝や草刈りにバンカーの砂の整備や芝の苗の育成にラフや植栽の手入れなど、その際に乗る重機や芝刈り機などのメンテナンス含めてコースを日々整備します。

 

台風などは大敵であり、常に長期的/短期的な天気情報のチェックも欠かせません。

 

コース管理作業員の年収&収入

アルバイト年収 アルバイトは時給制で1,000円~と一般的なアルバイトの時給と変わらず、年収約200円~が相場です。
社員年収 初任給は月収にして16万~20万円、平均的な就労年代である30代の平均年収は300万円程度で、最大年収となる50代の平均年収では400万円前後と一般的な同年代の年収より低い傾向です。

 

最後に

 

このように、ゴルフの習い事をキッカケとして様々な職業に携わることが出来ます。

 

他にも、ゴルフを早い内から習うことで接待ゴルフに若年から参加出来るメリットもあり、ビジネスチャンスが広がることでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ戻る